出来てしまったシミ用の化粧品というと、ファンデーションなどのシミを隠すために使う化粧品をイメージする場合もあると思いますが、シミを薄くする目的の化粧品というものもあります。
当然化粧品なので処方箋などはいらずに気軽に購入できて、自宅で自分で使用できるというところが利点です。
シミは気になるけど専門のクリニックに行ったりレーザー治療を受けるほど悩んでいるわけではない、という人に向いているのがこういった気軽に使える化粧品です。
一番気になるのが「本当にこれでシミが消えたり、薄くなったりするのか」という部分だと思いますが、残念ながら大きな期待はしない方がいいです。
少しでも薄くなってくれればOKくらいに考えておきましょう。
ネットでこういった化粧品のレビューなどを調べてみたところで、結局みんな言っていることが違うので参考にならないんですよね。
無料サンプルをもらった人は悪いレビューを書きにくいとかそういう事情もあるでしょうし。

というわけであまり大きな期待はしない、でも気軽に使えるので試してみる価値はあるというのが私なりの結論です。

シミ用化粧品にはハイドロキノン配合のものとそうではないものの2種類があり、ハイドロキノン配合の方が肌への影響が強く、少し注意して使う必要があります。
例えば

  • 腕などの目立たない部分でパッチテストを行って、異常がなければ顔に使う
  • ハイドロキノン配合化粧品を使用している期間中は、いつも以上に紫外線カットを心がける
  • 化粧品を塗るのはなるべく紫外線の弱い夜にする
  • 1か所への長期間使用は避ける
  • 皮膚に疾患がある人は事前に医師に相談する

このような注意点があります。

肌に合わない状態で使い続けたり、使用上の注意をきちんと守らないと白斑という症状が出る場合もあるので、特に初めて使う場合には一層注意して使いましょう。

ハイドロキノン配合のシミ用化粧品には一例として「アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110」という商品があります。
参考サイト:アンプルールの出来てしまったシミ用化粧品